【応用情報技術者試験】整列のアルゴリズムについて 勉強日記 俺用メモ!

どうもきよです!

今回は整列のアルゴリズムについて勉強したことを

メモしていきたいと思います。

■参考文献(アフィリエイトリンクです!良かったら購入してください!)

平成30年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

かなり詳しく書かれているのでぜひ!

スポンサーリンク




■整列のアルゴリズムとは

・データをある規則に従って並べ替える方法

整列(ソート)という

■バブルソート

隣あう要素の値を比較し大小を入れ替える整列(ソート)

隣接交換法ともいう

■単純選択法

・未整列のデータから最大または最小のデータを取り出し、先頭の要素と入れ替えて並び替える

■単純挿入法

・未整列リストから最大または最小のデータを取り出し、整列済みリストの先頭から順に埋めていく方法

■整列法の考え方

・逐次添加法

・下記のソート法が当てはまる

– バブルソート

– 単純選択法

– 単純挿入法

・分割統治法

・下記のソート方が当てはまる

– クイックソート

– マージソート

■クイックソート

・高速な整列のアルゴリズム

・未整列リスト内の中間値を設定し、大小の2つの区分を設ける。これを1つになるまで続けソートする

・逐次添加法のソートと比べると高速だが、安定性が低い

■ヒープソート

・ヒープ = 親は子より常に大きいか小さいかのを満たしている

・下記手順を繰り返して行われる

1.未整列データを木構造(順序木)にする

2.親を最大または最小値に設定する

3.並び替えが完了後、整列済みデータとして親のデータを確定する

下記サイトが参考になりました。
ヒープソート図解

■マージソート

・未整列リストを分割する

・分割されたリストごとに、大小比較をし並び替え、並び替えたリスト同士を大小比較をしながらマージする

ヒープについては応用情報の本を読んでいるとたくさん出てくるので

詳しく勉強していきたいと思います。

最後にまたアフィリエイトリンク貼らせてくださいorz

■参考文献(アフィリエイトリンクです!良かったら購入してください!)
平成30年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

以上、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。