【応用情報技術者試験】スタックとキューについて 勉強日記 俺用メモ!

こんばんは!きよです!

今回は応用情報のスタックとキューについて勉強したことをメモしていきます。

■参考文献(アフィリエイトリンクです!良かったら購入してください!)
平成30年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

スポンサーリンク




■スタックとは

・データ構造の一つ

・最後に格納したデータを最初に取り出せる

– LIFO = Last In First Out

・挿入はPush

・取り出しはPOP

・再帰処理に欠かせないデータ構造

– 自分自身を呼び出す処理のこと

戻り番地引数局所変数制御スタックに格納して実行する

・グラフの探索(深さ優先探索)に使われる

DFS = depth first search

一度最下層まで進み、先に進めない場合は一つ前に戻り別の道を探していく手法

・逆ポーランド表記でも使われる

– 別の章で勉強する

■キューとは

・データ構造の一つ

・最初に入れたデータから取り出される

FIFO = First In First Out

– 要するにロケット鉛筆

・挿入はENQ(エンキュー)

・取り出しはDEQ(デキュー)

・グラフの探索((幅優先探索)で使われる

BFS = breadth first search

– 始点となる場所から隣接する場所を一つずつ探していく手法

データ構造は勉強してると楽しいですね!

好きな分野かもしれないです。。

最後にまたアフィリエイトリンク貼らせてくださいorz

■参考文献(アフィリエイトリンクです!良かったら購入してください!)
平成30年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

以上、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。