【応用情報技術者試験】リスト構造について 勉強日記 俺用メモ!

どうもきよです!

今回は応用情報技術者試験の

リスト構造について勉強したことをメモしていきます!

■参考文献(アフィリエイトリンクです!良かったら購入してください!)
平成30年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

スポンサーリンク




■リスト構造とは

・データ構造の一つで、順序づけられたデータの並びのこと

・配列とリストはデータの保持の仕方が違うらしい

・連結リストが一般的なリスト構造

■連結リストとは

データ部ポインタ部で構成されている

・ポインタ(アドレス)を辿ることでデータを扱う

・種類がいくつかある

■連結リストの種類

・単方向リスト

– 次のデータへのポインタを持つ

– 任意の位置への挿入と、削除が可能

– データの追加削除の際には、参照先のポインタ(アドレス)を変える

– 要素の移動などをしなくて済むので、比較的高速

・双方向リスト

– 次のデータと前のデータのポインタを持つ

– 基本的には単方向リストと同じ

・循環リスト

– 次のデータのポインタを持ち、最後のデータは最初のデータのポインタを保持する

– 利点は、任意のデータからでもリスト全体を辿ることができる

■リストによる2分木構造

・各4つのデータを保持することで表現可能

– key = ノードの値

– Parent = 親のポインタ

– Left = 左部分木のポインタ

– Right = 右部分木のポインタ

リストの種類を学びました。

配列とリストの違いについては後日しっかり学びたいと思います。

最後にまたアフィリエイトリンク貼らせてくださいorz

■参考文献(アフィリエイトリンクです!良かったら購入してください!)
平成30年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

以上、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。