【VSCode】インストールする拡張機能の共有方法!俺用メモ!

チームでVSCodeを使っている場合、

拡張機能(アドオン)なども共有できると便利です。

JSONファイルを作成できるので作成方法をメモします。

■拡張機能インストール用のJSON作成

1.VSCodeを起動後、下記コマンドを実行し、コマンドパレットを開く

・Windows
Ctrl + Shift + P

・Mac
Command + Shift + P

2.コマンドパレットに下記を入力

>Configure Recommended Extensions

「拡張」機能:推奨事項の拡張機能を構成(ワークスペース)

と出てくるので、クリック!

extensions.json

が作成されます。

3.extensions.jsonにインストールする拡張機能を記載していく

・extensions.jsonのサンプル

「recommendations」に記載していきます。

記載するものは、VSCodeのアドオン名の右にある拡張機能の識別子

{
	// See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=827846 to learn about workspace recommendations.
	// Extension identifier format: ${publisher}.${name}. Example: vscode.csharp

	// List of extensions which should be recommended for users of this workspace.
	"recommendations": [
         "ms-ceintl.vscode-language-pack-ja",
         "felixfbecker.php-debug",
         "editorconfig.editorconfig",
         "msjsdiag.debugger-for-chrome",
         "dbaeumer.vscode-eslint",
         "esbenp.prettier-vscode",
	],
	// List of extensions recommended by VS Code that should not be recommended for users of this workspace.
	"unwantedRecommendations": [
		
	]
}

4.VSCodeを再起動する

・再起動すると下記メッセージが出てくるので全てインストールをクリック

「拡張機能の推奨事項があります」

以上、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。