【VSCode】ワークスペースの作成と切り替えについて!俺用メモ!

久しぶりの投稿となりました。

ここ最近新しい技術に触れていなかったため

あまりメモることがなかったです。。

新しい案件に入ったりすると決まってするのが環境構築ですが、

いつもVSCodeのワークスペースの設定で調べちゃうので、

メモっておきます。

ワークスペースを設定しておくと、案件ごとにきれいに整理整頓できるのでおすすめです。

■ワークスペースの作成方法

1.VSCode起動後に、下記コマンドでコマンドパレットを開く

・Windows
Ctrl + Shift + P

・Mac
Command + Shift + P

2.コマンドパレットに下記を打ち込む

>Workspaces:Save 

「ワークスペース:名前をつけてワークスペースを保存」
と出てくるのでそちらクリック!

.code-workspace

を作成できるので、このファイルを一つのフォルダに管理しておくと良いと思います。

■ワークスペースの切り替え

1.VSCode起動後に、下記コマンドでコマンドパレットを開く

・Windows
Ctrl + Shift + P 

・Mac
Command + Shift + P

2.コマンドパレットに下記を打ち込む

>Workspaces: Open Workspace

「ワークスペース:ワークスペースを開く…」

と出てくるのでクリック!

作成した切り替え先の「.code-workspace」を選ぶと切り替わります!

以上、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。