【JavaScript】配列のfilterの使い方について! 俺用メモ!

どうもきよです!

今回はJavaScriptのfilterについて、

メモしていきたいと思います。

配列操作で結構便利なメソッドなので、

覚えておくといいかもしれません!

■参考(こちらを確認してください)
公式サイト

スポンサーリンク




filterの使い道

JavaScriptのfilterは、

配列から特定の要素だったり、特定の値のみを抽出したい場合や、

何かの条件に一致したデータを取得したい場合に役立ちます。

例えば、名前の配列があったときに「山田」さんだけ取得したい場合など、

for文で書いても良いですが、見やすく簡潔に書けるのでお勧めです!

構文

array.filter(collback, object);

※collback = 条件式(関数)

※object = 引数(collback内で「this.」でアクセスできる)

詳しくは公式サイトを参照してください。

filterの使い方例

・配列から「山田」さんのみ抽出する場合(ES2015)

・collback関数を変数に入れてあげてもOK

※element = 現在の要素({‘name’ : ‘東山’, ‘age’ : 21}だったり、{‘name’ : ‘山田’, ‘age’ : 22}だったり)

※index = 現在の要素の添字(上記の例だと「0 ~ 3」) 省略可

※array = 元の配列(上記の例だと「members」) 省略可

以上、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。