香水は奥が深い!買う前に知っておきたい香水の種類と適した使い方【ぼちブロ】

どうもきよです!

今日も香水について書いていきたいと思います!

「香水」と一口に言っても、「オードトワレ」や「パルファム」など、実は色々な種類があります。名前だけは聞いたことがあるという方も多いでしょう。

ただ実際のところ、何がどう違うの?と言うと、きちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。

でもこれって、実はすごく重要なのです!

特徴をしっかり理解して使わないと、いわゆる「香水つけすぎの人」になってしまったり、「全然香りがしない…」なんてことになったりしかねません。

そこでこちらの記事では、香水の種類について詳しく解説します。それぞれに適した使い方もご紹介するので、自分の目的に合った香水を選び、正しく使って「香水上級者」になっちゃいましょう!

スポンサーリンク




香水の種類について

まず香水の種類は、大きく分けて4種類。

  • パルファム(パルファン)
  • オーデパルファム(オードパルファン)
  • オードトワレ(オーデトワレ)
  • オーデコロン

と呼ばれます。

基本的には、パルファムからオーデコロンに向かうに従って、濃度が薄くなり持続時間が短くなります。

ただこの分類は、法律で定められているものではありません。ブランドや商品によって同じ濃度でも名前が変わることがありますし、香りの種類によって持続時間が変わる場合も多いです。

今回は、一般的に多いとされる濃度、持続時間を解説していきますね。同じ香水の、濃度だけが異なるものを販売しているブランドも多いので、香水を選ぶときの参考になれば嬉しいです。

1.パルファム(パルファン)

濃度:15~30% 持続時間:7~12時間

香水の中でも最上級とされるのが、このパルファムです。濃度が濃いだけでなく、原料にも上級品を使用しているブランドが多いです。

同じ商品ラインの中では高価になる傾向がありますが、当然ながら香りが強いので、ほんの少しだけ付ければ十分。むしろ、付けすぎにはくれぐれも注意しましょう。

2.オーデパルファム(オードパルファン)

濃度:10~15% 持続時間:5~10時間

パルファムほどではないものの濃度が高く、持続時間も長いオーデパルファム。パルファムに比べて安価に設定されている場合が多いので、手が出しやすいと言えるでしょう。

ただこちらも、香りはとても強いです。オーデパルファムはスプレータイプが多いですが、ほとんどの場合1プッシュで足ります。

3.オードトワレ(オーデトワレ)

濃度:5~10% 持続時間:2~5時間

オードトワレは持続時間が短いので、気軽に付けられる香水に入ります。初めて香水を買う人なら、まずこの辺りから試すのがおすすめ。

また香りの種類にもよりますが、朝出掛ける前につけると夜までは持たないので、持ち歩いて付け足すのも良いでしょう。その場合は付けすぎにならないよう、最初に付けてから4~5時間あけて付け足すようにしてください。

4.オーデコロン

濃度:1~5% 持続時間:1~2時間

「香水」という言葉から受ける印象よりも格段にライトなのがオーデコロンです。オーデコロンはかなり軽いので、気分を変えたい時、リフレッシュしたい時などにおすすめです。

持続性がほとんどない特徴を活かして、朝と夜、一日の中で違うオーデコロンを付けることもできます。(濃いものだと夜まで残るので、一日のうちに違う香水を使うと、香りが混ざってしまいます)

以上が、香水の主な種類と使い方です。

友達と遊びに行くときに付けるのか、仕事帰りのデートで付けるのか、自分の気分転換のために付けるのか…目的やTPOに合わせて選びましょう。

ちなみに食事に行く時は、香水は避けたほうが無難です。

まとめ

本日は、香水の種類についてご紹介しました。どういう場面でどのように使いたいかによって、ぜひ使い分けてみてください。

きちんと使えば、気分を上げてくれたり、雰囲気を良くしてくれたりする香水。これからも気持ちよく、香水を楽しんでくださいね!

以上、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。